石屋の出来事

お客様にわかりやすいご提案を心掛けています

こんにちは。店長の佐藤です。
最近お話ししたお客様に「おたくの提案書は分かりやすくていいね」と褒められました。私たちが普段、どんなご提案をしているのかを今回はご紹介します。

まずはごくごく普通の寸法図です


見易さの違いは多少ありますが、こちらのような4面の寸法図はデザインの話し合いを進める際にはもっとも基本となり、どんな石材店であっても作成しています。

線図では完成のイメ-ジがわかりません





線図は構造やサイズを検討するうえでもっとも大切なものではありますが、これだけでは完成したお墓を想像するのはかなり難しいと思います。そこで大事なのがイメ-ジ図。使用する石種の色合いまで含めてリアルに再現します。

石種は現物での確認が絶対です


ただし、どれだけリアルであってもイメ-ジ図ですから、石種に関しては実際のサンプル石で必ず確認して頂いています。赤やピンク、緑などの色とりどりの御影石はもちろんのことですが、グレ-などの中間色の微妙なグラデ-ションは実際の石を見ないと判断できませんし、黒の御影石といっても濃淡や石目が様々です。

お墓を建てる際には周りとのバランスも大切です


線図でサイズを、イメ-ジ図で完成のお墓の印象を、サンプルで実際の石種を確認して頂いてもまだ終わりではありません。家を建てる時に周りの方とのバランスが気になるように、お墓を建てる際も周囲との調和がとても大切になります。お客様に墓所をお伺いしたら、私たちが写真を撮ってきますので、イメ-ジ図と墓所の合成図をお作りします。

<まとめ>

リアルに大きくイメ-ジ掴んで頂き、確認しなければいけない部分は細部まで確認する。お墓は100年に亘ってのお買い物になります。そして、ご自身が実際にお墓を建てるまで知識がないことが普通です。かなり面倒な作業になると思いますが大丈夫です。私たちがお手伝いさせて頂きます。また私たちがお手伝いさせて頂くお客様は、ご提案の資料を見ながら、検討したり変更したりが楽しくなってくる方がほとんどです。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 石屋の出来事

    墓屋として身の引き締まるお話

    こんにちは。店長の佐藤です。私たち墓屋は、どうしても人の死に携わる…

  2. 石屋の出来事

    自然石について勉強してきました

    こんにちは。店長の佐藤です。オリジナルのデザイン墓石が得意な当社で…

  3. 石屋の出来事

    ジャパンスト-ンショ-&エンディング産業展

    こんにちは。店長の佐藤です。石屋として、ご供養をお手伝いする墓屋と…

  4. お墓

    いいお墓ってなんでしょう?

    こんにちは。店長の佐藤です。今回は「いいお墓」について考えさせられ…

  5. 石屋の出来事

    検定試験を受けてきました

    こんにちは。店長の佐藤です。あまり資格には縁のない石材業界ですが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. スタッフ日記

    今年のお盆は雨降りでした・・・
  2. 石のコト

    365日の誕生石 –July 5
  3. お墓

    お墓を飾る石彫品~犬編~
  4. スタッフ日記

    展示場花苗のその後・・・
  5. 構造

    お墓に設置するステンレスについて
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。