お墓

四十九日と百か日

こんにちは。店長の佐藤です。
前回このブログで「一周忌」や「三回忌」についてご紹介しました。順番が逆になりますが、今回は四十九日と百か日についてご紹介します。

四十九日は7×7


日本では「4」や「9」はあまり縁起のいい数字だとは考えられていません。だから「四十九日」だと思っている人もいますが、まったく違います。人は亡くなると仏になるための試験があるそうです。最初の試験が亡くなって七日目です。以後七日ごとに試験があり、最終試験が七回目の七日目、四十九日となります。最初の試験で合格する方もいれば、最後まで掛かってしまう方もいるそうです。なので法要としては初七日と四十九日が重要視されています。分かり易く言ってしまえば、試験を受ける故人を応援しているわけです。なので試験が終わってからの応援では意味がないため、法要は当たり日より前に行います。

百か日は残った人のため

百か日の法要もお寺にお願いして執り行いますが、実は儒教的な考え方に基づいています。百か日は別名「卒哭忌(そっこくき)」とも言います。「どんな悲しみでも100日経てば乗り越えることができる」という儒教的な考え方です。百か日を境に大切な人を失った悲しさから通常の暮らしに戻るようにしよう というのが百か日です。

神道やキリスト教は?


神道でも仏教の四十九日にあたる日があります。仏教は7日ごとなのに対し、神道は10日ごととなり、四十九日にあたる日を「五十日祭」と言います。そして仏教の百か日は同じ100日目、「百日祭」と言います。またキリスト教ではカトリックとプロテスタントで少し違います。カトリックの場合、3日目、7日目、30日目、1年後に追悼ミサを行います。プロテスタントでは、1週間目か10日後、または1か月後に記念式を行います。

<まとめ>

7日経っても49日経っても100日経っても、悲しいものは悲しいと思います。でも宗旨や宗派が違っても、故人の冥福を祈り、残った人たちが幸せに暮らしていくための区切りはとても大切なものだと思います。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    ペットの供養はどうするの?

    こんにちは。店長の佐藤です。「ペットはお墓に一緒に入れるの?」とい…

  2. お墓

    ブロンズのあるお墓

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  3. お墓

    桜の墓石

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  4. 情報

    お彼岸に「ぼたもち」食べましたか?

    こんにちは。店長の佐藤です。皆さんお彼岸にぼたもちは食べましたか?…

  5. お墓

    お墓参りの正しい手順

    こんにちは。店長の佐藤です。お盆が近くなりました。今回は正しいお墓…

  6. 情報

    お彼岸にリフォ-ムを検討しませんか

    こんにちは。店長の佐藤です。皆さまがお参りに集まるお彼岸は、お墓に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    ことわざ「石橋を叩いて渡る」
  2. お墓

    お墓を飾る石彫品~犬編~
  3. お墓

    お正月のお墓参り
  4. お墓

    四十九日と百か日
  5. スタッフ日記

    展示場花苗のその後・・・
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。