彫刻事例

手書きの文字をお墓に彫刻してみませんか?

こんにちは。店長の佐藤です。
また一つ想いのこもったお墓が完成しましたので、ご紹介します。

このお墓の主役は彫刻です


このお墓はお亡くなりになった旦那様のために奥様が建てたお墓です。
「空」は「そら」ではなく「くう」です。風景としての「そら」のことではなく、ご夫婦の生活感や人生観を表す言葉としてお選びになりました。
よく私たちがお墓を建てる際お勧めするのは「残したい、伝えたい思いをお墓に込めてください」ということですが、まさにこのお墓が伝えたい思いが「空」一文字です。

習い事は「隷書」専門のお習字です


選んだ「空」にも思いがこもっていますが、この書体は少し珍しい「隷書体」で、奥様の手書きの文字になります。習い事でお習字を、しかも隷書体専門でなさっていたと聞いたので、お願いしてみました。ここしばらくはブランクが空いていたとのことで、道具を引っ張り出すところから始めて頂きました。やはり間が空くと満足のいく出来にはならないそうで、何回も練習、書き直しをして頂きました。

<まとめ>

普通お墓を考える時には、デザイン→石種→彫刻の順番になると思います。しかしもっとも大切なものを残したい時には、彫刻→石種→デザインとなることもあります。伝えたい「空」を手書きにして、より引き立つ石種を選び、その組み合わせを活かすデザインを起こす。今回のお墓はそんな順番で完成しました。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お客様の声

    ステンドグラスのお墓

    こんにちは、経理担当の吉津です。以前営業担当でもありましたので、ス…

  2. 施工事例

    施工事例

    営業の今野です。担当させていただいた施工事例を紹介いたします。…

  3. 彫刻事例

    花いっぱいのお墓をご紹介します~その②~

    こんにちは。店長の佐藤です。以前、「花いっぱいのお墓」をご紹介しま…

  4. 施工事例

    担当したお墓の紹介

    私が担当したお墓のなかで、現代的なポイントを紹介します。今回はお墓に加…

  5. 彫刻事例

    ご両親の再会!

    こんにちは。経理の吉津です。毎日暑い日が続いていますね(^^;)…

  6. 彫刻事例

    文字彫刻のないお墓

    こんにちは。店長の佐藤です。以前に何度かこのブログで、「お墓に彫刻…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ならわし

    生前のお墓 完成したその後について
  2. 情報

    お墓デザインコンテストの審査発表がありました
  3. 石のコト

    誕生石 – 12月
  4. ならわし

    お墓にお供えするお花のおはなし
  5. 彫刻事例

    写真そのままに彫刻できる「影彫り」を紹介
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。