お墓

墓じまいって大変なことなんです

こんにちは。店長の佐藤です。
今回、墓じまいの現場を手伝ってきたのでご紹介します。

墓じまいはよく考えてください

最近よく話題になる「墓じまい」ですが、気軽に考える方が多いような気がします。まず物質としての石を片付ける以前に、建てた方や守ってきた方の気持ちを考えてください。どうしようもないご事情の方もいますが、簡単に墓じまいをする前によく考えて頂きたいと思います。ちなみに今回の方は、墓じまいといっても引っ越し、しかももともとあったお墓ごと移設するケ-スなので喜んで承りました。

昔からの墓所は施工環境が整っていません


今回の墓所はかなりの傾斜地です。最近の公営霊園などは平坦地に通路を広くとる傾向にありますが、古くからある墓所では重機を運搬するだけでも一仕事になってしまうこともあります。画像は粘土質の地面を均しながら道を作っているところです。

墓所環境によっては基礎が一般住宅並みになります

水はけの悪い傾斜地に安心してお墓を建てるためには、どうしてもガッチリした基礎工事をする必要があります。このような場所でお墓を建てる場合には、私たちも長年にわたって安心な施工方法を採用しますが、解体となった場合には当然かなりの労力が必要となります。

<まとめ>

「墓じまい」についてよく考えて頂きたい第一の理由は、当然「気持ちの継承」ということです。しかしどうしてもお金の問題も避けては通れません。苦労して建てたお墓ほど気持ちが籠っていて、無くす時にはお金も掛かってしまいます。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    墓じまい

    こんにちは。店長の佐藤です。最近3件続けて墓じまいを承ったので、今…

  2. お墓

    ブロンズのあるお墓

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  3. お墓

    お墓のバリアフリ-

    こんにちは。店長の佐藤です。来場したお客様から「バリアフリ-にした…

  4. お墓

    四十九日と百か日

    こんにちは。店長の佐藤です。前回このブログで「一周忌」や「三回忌」…

  5. お墓

    お墓の主流は洋型墓石?ゼロから検討される方は知っておきたいお墓事情

    今まで知らなかった洋型墓石メモリアルアドバイザー(営業)の今野です…

  6. お墓

    お墓の免震施工について

    営業の今野です。今やお墓も地震対策が必須となっています。しかし、す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    今年も全優石「ニュ-デザインお墓コンテスト」の発表がありました
  2. 彫刻事例

    まだまだ震災の傷跡は残っています
  3. 石のコト

    365日の誕生石 –February 8
  4. お墓

    お墓参りの正しい手順
  5. 石のコト

    モアイ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。