彫刻事例

まだまだ震災の傷跡は残っています

こんにちは。店長の佐藤です。
今回は福島県の立ち入り制限区域から引っ越したお墓をご紹介します。

本来なら建てる必要のないお墓もあります


また一つとても素敵なお墓が完成しました。しかし、私のブログで再三ご紹介しているように本当だったら建てる必要のないお墓があります。今回のお客様は福島の浪江から仙台に引っ越していらっしゃいました。もちろん施主様の希望での引っ越しではありません。お骨あげには私も同行させて頂きましたが、とてもいい場所にとても趣のある代々のお墓が建っていました。制限区域からの持ち出しは、例え大切なご先祖様のお骨といえ、東京電力職員の放射線量調査に合格してからでないとできません。

せめて故郷の思い出を


墓石に「桜」の彫刻を希望する方はたくさんいますが、今回はあえて「しだれ桜」をお勧めしました。福島県三春の「滝ざくら」のイメ-ジです。私の学生時代の友達が数人福島県の浜通り、中通りに住んでいますが、異口同音に「桜といえば滝ざくら」と言っています。不本意な転居を余儀なくされたお客様のために私ができることはほとんどありませんが、せめて故郷の思い出を墓石に刻んで頂くようお願いしました。

震災に被害はまだまだ続いています

<まとめ>

被災された方々のために私ができることはそんなにたくさんはありません。でも墓屋として少しでもお役に立てるのなら、今後もできるだけのことをさせて頂きたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 彫刻事例

    お墓の彫刻に施すペイントについて

    こんにちは。店長の佐藤です。お墓の石の色と言えば、宮城の皆さんは黒…

  2. 彫刻事例

    ご両親の再会!

    こんにちは。経理の吉津です。毎日暑い日が続いていますね(^^;)…

  3. 完成アルバム

    「思」に込められた意味

    営業の今野です。昨今では寺院墓地でも横型のお墓が増えてきました。先…

  4. 彫刻事例

    手書きの文字をお墓に彫刻してみませんか?

    こんにちは。店長の佐藤です。また一つ想いのこもったお墓が完成しまし…

  5. 彫刻事例

    「彫刻」はお墓の主役です

    こんにちは。店長の佐藤です。また一つ想いのこもったお墓が完成しまし…

  6. 施工事例

    「想い」を「繋ぐ」ことがお墓の大切な役割です

    こんにちは。店長の佐藤です。このブログではよく私たちがデザインをお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お客様の声

    お客様のお墓への思いをご紹介します
  2. お墓

    美しい比率
  3. 石のコト

    ことわざ「石の上にも三年」
  4. 石のコト

    モアイ
  5. イベント

    今年もやります! 新春初売先行商談会!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。