かたち

お墓の引っ越し

こんにちは。店長の佐藤です。
今回、気仙沼市から仙台へのお墓の引っ越しをお手伝いしたのでご紹介します。

新しいお墓は綺麗です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


私たちデザイン墓石が得意ないずみの杜としては、引っ越しに伴ってお墓を新しくすることにもちろん異論はありません。しかしお墓は綺麗ならいいのでしょうか?お墓を建てた方、守ってきた方たちの気持ちも大切です。

石塔をそのまま移設する



引っ越し先によっては、もともとの墓所とはサイズがまったく違う場合もあります。そんな時は新しい墓所に合わせて、土台の部分(外柵)だけを作成する方法もあります。

石塔以外を移設する



石塔ではなく法名碑などの部材を移設する方もいます。今回承った気仙沼→仙台の方はこの例です。ちなみに竿文字も、もともとのお墓の拓本をとり、新しいお墓にそのまま彫刻させて頂きました。

部材を加工する


そのままの形で移設することも可能ですが、別の部材に加工したうえで残すことも可能です。画像は、メインになる竿石から削りだし、香炉を作成した方の例です。

新しいお墓を支えてもらう


目には見えなくなりますが、もとのお墓を新しいお墓の基礎に使うこともあります。形を残して土台にすることもあれば、地盤の関係で細かくしてから下支えの砕石に利用することもあります。

<まとめ>

お墓は想いを繋ぐ場所です。お引越しの際にもご相談頂ければ、すべてを処分してしまうのではなく、次の世代に引き継ぐ方法をご提案します。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    「仏滅」に「仏事」はタブ-?

    こんにちは。店長の佐藤です。先日、お客様から「納骨をしてはいけない…

  2. お墓

    お正月のお墓参り

    こんにちは。店長の佐藤です。皆さん、ご先祖さまに新年のご挨拶は済み…

  3. お墓

    桜の墓石

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  4. お墓

    お墓参りに最適な時期

    こんにちは。店長の佐藤です。お盆が近くなりました。今回はお墓参りの…

  5. ならわし

    お墓は誰が継承すべきなの?

    昨今お墓の継承問題が増加傾向にあります。これまで一般的には「長男」がお…

  6. お墓

    お墓参りの正しい手順

    こんにちは。店長の佐藤です。お盆が近くなりました。今回は正しいお墓…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    石と人の歴史「勾玉(まがたま)」とは
  2. お墓

    ご先祖様はお墓にいるの仏壇にいるの?
  3. 街の情報

    お彼岸に「ぼたもち」は食べましたか?
  4. 石のコト

    誕生石 – 6月
  5. 構造

    お墓によくある化粧砂利のはなし
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。