情報

お彼岸に「ぼたもち」食べましたか?

こんにちは。店長の佐藤です。
皆さんお彼岸にぼたもちは食べましたか?「おはぎは食べたよ」という方、それは間違っています。

「ぼたもち」とは

「もち米とうるち米を混ぜたものを蒸して軽く搗き、まわりに餡子をまぶした食べ物」が「ぼたもち」になります。

「おはぎ」とは

「おはぎ」とは「もち米とうるち米を混ぜたものを蒸して軽く搗き、まわりに餡子をまぶした食べ物」です。つまり「ぼたもち」と同じです。

違うのは作る時期

ぼたもち」と「おはぎ」は時期が違います。「ぼたもち」は「牡丹餅」が由来で春のお彼岸、「おはぎ」は「お萩」が由来なので秋のお彼岸に食べます。まれに「おはぎ」のほうが「ぼたもち」より小さく作るという説もあります。

夏と冬はどうするの?

「ぼたもち」「おはぎ」の別名もあり、夏は「夜船(よふね)」、冬は「北窓(きたまど)」と言います。「牡丹餅」や「お萩」は花の様子から納得できますが、「夜船」と「北窓」はあまりにこじつけの酷い由来なので、説明は割愛します。

「おはぎ」は粒あん 「ぼたもち」はこしあん

本来は小豆の収穫期につくる「おはぎ」は皮をそのまま使った「粒あん」で、小豆の皮が固くなる春につくる「ぼたもち」は「こしあん」でした。しかし今では保存技術が発達したり、春に収穫される小豆の品種が出来たりと、単純に好みで分かれるようです。

<まとめ>

「ぼたもち」「おはぎ」に限らず、食べ物により季節感が今では薄れてきています。通年通して「おはぎ」と呼ばれることが多くなり、「ぼたもち」とは、ましてや「夜船」「北窓」とは呼ばなくなってきています。でもおはぎに関しては美味しければ呼び名はなんでもいいような気もしますが。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 情報

    今年も全優石「ニュ-デザインお墓コンテスト」の発表がありました

    こんにちは。店長の佐藤です。お盆も近くなったこの時期、毎年全優石の…

  2. ならわし

    一周忌は二回忌?

    こんにちは。店長の佐藤です。先日三回忌法要のお手伝いをしてきました…

  3. お知らせ

    天然石のすすめ

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  4. お墓

    四十九日と百か日

    こんにちは。店長の佐藤です。前回このブログで「一周忌」や「三回忌」…

  5. お知らせ

    フロアのお掃除どうしてますか?

    こんにちは。店長の佐藤です。花粉の季節も一段落。天候に恵まれた今年…

  6. 彫刻事例

    墓石に彫刻するお花の人気ベスト3を発表!

    こんにちは。営業部の秋山です。私の一番好きな季節、春がすぐそこまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    色について
  2. イベント

    新春初売り開催中!!3割増商品券残り半分です。
  3. 石のコト

    石と人の歴史「勾玉(まがたま)」とは
  4. ならわし

    法要はお昼前がお勧めです
  5. お墓

    灯篭の話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。