ならわし

サカキとシキミ

こんにちは。店長の佐藤です。
今回、神式のご納骨をお手伝いしました。そこで神事、仏事に関係の深い植物についてご紹介します。

神棚には榊(サカキ)


ご自宅に神棚がある方は当然ご存知でしょうが、神棚には榊を供えます。榊の語源は「境の木」で神様の世界と人間界を繋ぐものと考えられています。また別の説としては、「栄える木」や「賢しい(さかしい)木」であるというものもあります。いずれにしても榊は神事には欠かせません。

榊のお墓への供え方

普段のお参りの際には仏式と同様、花立に水を入れてお供えしてください。納骨祭や五十日祭、百日祭などで祭壇を設える際にはその上に横置きします。気を付けて頂きたいのは向きです。根元側をお墓のほうに、葉の先を手前にします。実は仏式での献花も同じ考え方ですが、供えた植物の根から先に向かって神様や仏様からの教えなどが出ています。

仏式では樒(シキミ)


仏式の場合はバラやアザミなど棘のある花はなんでも仏花としてお供えして大丈夫です。敢えて神式の榊に対応するものを挙げれば、樒(シキミ)ということになると思います。樒が仏事に使われる理由は諸説様々ありすぎますが、その中に一つに「悪しき(あしき)実」のいうのがあります。これは樒の強い毒性を語源としていますが、強い刺激臭でお墓から獣を遠ざける効果がありました。また「香りを供える」という日本の文化に合っていたとも考えられています。

<まとめ>

いつも言いますが、宗教的な決まり事よりもお墓に会いに行こうと思う皆さまの気持ちが一番大切だと思います。でもせっかく手向けるなら、榊でも樒でもお花でもちょっと向きを気にしてみるといかがでしょうか。神様、仏様、故人様、ご先祖様からなにかいいものが頂けるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. かたち

    宗教によってお墓の彫刻は違うの?

    こんにちは。店長の佐藤です。先日、神式でのご納骨をお手伝いして来ま…

  2. ならわし

    お墓は誰が継承すべきなの?

    昨今お墓の継承問題が増加傾向にあります。これまで一般的には「長男」がお…

  3. お墓

    うるう年に建てるお墓

    こんにちは。店長の佐藤です。今年は2月29日がある閏年(うるうどし…

  4. ならわし

    生前のお墓 完成したその後について

    こんにちは。店長の佐藤です。最近よく耳にする「終活」の一環として需…

  5. ならわし

    お焼香って何回?お線香って何本?

    こんにちは。店長の佐藤です。よくお客様から「お焼香って何回したらい…

  6. お墓

    お墓参りに最適な時期

    こんにちは。店長の佐藤です。お盆が近くなりました。今回はお墓参りの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    お墓を選ぶ時のアドバイスです
  2. 石のコト

    お墓に使う石のいろいろ
  3. 石のコト

    365日の誕生石 –November 2
  4. お墓

    樹木葬や永代供養墓は後悔するって本当?
  5. 情報

    365日の誕生石 – April 23
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。