施工事例

神道さんはバラ?

こんにちは。営業の佐藤です。
また素敵なお墓が完成したのでご紹介します。

神道さんといえば「榊(さかき)」


お仏壇やお墓に供えるのは仏花が一般的ですが、ご家庭の神棚やお墓の前でも神事の際には「榊」を供えます。木ヘンに神と書くぐらいなので、神様とはとても縁のある植物です。
読み方の「さかき」は「人と神様の境(さかい)にある木」「栄える木」が語源となっています。

神道さんといえば「トキン型」「奥津城・奥都城」



一般的に神道さんのお墓には特徴があります。一つは形状。一番てっぺんが四角錘になっていて、これを「トキン型」と呼びます。また一般のお墓が「〇〇家の墓」などと彫刻されているのとは違い、「〇〇家奥津城(奥都城)」と彫刻されます。「奥津城(奥都城)とは「奥深い所にあって外部から遮られた境域」という意味で、形はほとんど同じでも一般のお墓とは考え方が違います。

「榊」ではありません


今回のお墓は神道さん(しかもご親戚が宮司様)です。いずみの杜が得意なフロアの彫刻はバラがとても印象的な図案になっています。納骨式の際にもちろん榊は捧げましたが、花立の献花はバラが主役になっています。

「トキン型」でも「奥津城」でもありません


デザインも神道さん独特なものではありません。ソリッドな第一印象ですが、よく見ると各所に手の込んだア-ルを施したとても現代風なデザインになっています。また彫刻文字も「慈」の一文字。華やかなフロアとバランスをとって凛としたイメ-ジです。

<まとめ>

伝統的な神道さんのお墓とはまったく違ったものになりましたが、完成を見た施主様には大変喜んで頂きました。また、納骨式にいらして頂いた宮司様にも褒めて頂いたので宗旨的にも満点です。仏教徒の方のお墓に彫刻するお花は桜・百合・藤などが多いのです。私が承ったお客様がたまたまなのかもしれませんが、神道さんではバラを彫刻する方が圧倒的多数です。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 施工事例

    人気の装飾彫刻「影彫り」

    こんにちは。店長の佐藤です。私たちがお手伝いしたお墓のなかで、最近…

  2. 彫刻事例

    ご両親の再会!

    こんにちは。経理の吉津です。毎日暑い日が続いていますね(^^;)…

  3. 施工事例

    2019年NewModel

    こんにちは。店長の佐藤です。今年の初売りでお披露目した2019年の…

  4. 施工事例

    施工事例

    営業の今野です。担当させていただいた施工事例を紹介いたします。…

  5. 彫刻事例

    お墓に彫刻する「文字」について

    こんにちは。店長の佐藤です。皆さんはなぜお墓に「○○家」と彫刻して…

  6. 施工事例

    立体的な情景のお墓

    こんにちは。店長の佐藤です。また素敵なお墓が完成しましたので、ご紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 墓地情報

    お墓建立の予定は計画的に
  2. 石屋の出来事

    検定試験を受けてきました
  3. 未分類

    「お墓」と「花粉」のはなし
  4. 石のコト

    石ってどのぐらい重いかご存知ですか?
  5. イベント

    現品販売の途中経過
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。