完成アルバム

四季の思い出

こんにちは。店長の佐藤です。
また一つ想いのこもったお墓が完成しましたので、ご紹介します。

震災から7年経ちました


宮城県にお住まいの方ならきっと今でも忘れられないあの震災から7年が経ちました。あの経験をした私たちはこれからも一生忘れることはないと思います。しかし徐々に当時の衝撃や悲しみが薄れつつあるのも、残念ながら事実ではないでしょうか。でもまだまだ当時の気持ちそのままに苦しんでいらっしゃる方もいます。

「そっと包み込むように」「しっかり受け止めるように」


お墓の主要な部分、一般的に「○○家」などの彫刻が施される部位を「竿」といいます。お墓に見えないこの竿の形状は、単に奇を衒ったものではなく、深い意味と施主様の強い気持ちが込められています。現代のお墓の重要な役割として、「想いを伝える」ことがありますが、まさにその大切な役目を果たすデザインです。

春夏秋冬



春は「お花見」夏は「花火」秋は「定禅寺のジャズフェス」冬は「光のペ-ジェント」。
これらは私たちにも馴染み深い四季折々の風物詩ですが、施主様ご家族のリアルな思い出です。その大切な思い出をいつまでも閉じ込めておくために、ステンドグラスを4枚作りました。

<まとめ>

また一つ想いのこもった素敵なお墓が建ちました。でも7年前の3月11日がなくなって、このお墓が今は必要なくなってくれるのなら、墓屋の私たちですらそのほうがずっといいと思います。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 完成アルバム

    「光り墓」

    こんにちは。店長の佐藤です。また素敵なお墓が完成しましたのでご紹介…

  2. 完成アルバム

    おじいちゃん、おばあちゃんへ

    こんにちは。店長の佐藤です。また素敵なお墓が完成しましたのでご紹介…

  3. お墓

    夫婦墓っていいですね

    こんにちは。店長の佐藤です。また素敵なお墓が完成したので、ご紹介し…

  4. 完成アルバム

    「思」に込められた意味

    営業の今野です。昨今では寺院墓地でも横型のお墓が増えてきました。先…

  5. 完成アルバム

    思い出の「青海波」に想いをこめて

    こんにちは。店長の佐藤です。また一つ想いのこもった素敵なお墓が完成…

  6. 完成アルバム

    またひとつ素敵なお墓が完成しました

    こんにちは。店長の佐藤です。またひとつ素敵なお墓が完成したので、ご…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    宮城県産の銘石「伊達冠」
  2. 石のコト

    女性にとても人気のある石をご紹介します
  3. 構造

    お墓の目地にはコーキングを
  4. 施工事例

    伊達冠のお墓
  5. ならわし

    法要はお昼前がお勧めです
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。