彫刻事例

「お墓」に「桜」が多いわけ

こんにちは。店長の佐藤です。
仙台では桜が満開になりました。今回はお墓への装飾でもっとも桜が人気の理由についてご紹介します。

まず、なぜ「お墓」に「花」なのか


最近のお墓には、彫刻・ステンドグラス・ブロンズで装飾をつける方が多いようです。たいがい皆さんが言うには「あまりお参りに来てお花を供えてあげられないから」とのこと。ただ、そういう気持ちのある方は結構頻繁にお参りにいらしているようです。

故人が好きだったから


桜が好きな人だったから」というのが一番多い理由です。この場合、故人の好きだった花は人それぞれですから、やはり桜が好きな方は多いようです。

桜は供えることが出来ない花だから


菊や百合、薔薇などは花屋さんで用意すればお墓に供えることが出来ます。しかし桜は咲いている枝を切って来るわけにはいきませんし、もし切って来たとしてもすぐに散ってしまいます。

日本人なら桜でしょう


これは意見が分かれた時の解決策になることが多いようです。お母さんは菊が好き、息子さんは百合が好き、お嬢さんは薔薇が好き。ましてこれからの子孫が好きになる花がなんだか分からない。じゃ皆が共通に好きな花はなんだろう。日本人なら桜でしょう。というわけです。

<まとめ>

私たち日本人に一番馴染みの深い花は、やはり桜なのかもしれません。今回ご紹介したように同じ桜でもいろいろな方法でお墓を飾ることが出来ます。皆さんの一番好きな形で、是非お墓に桜を供えてください。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 彫刻事例

    写真そのままに彫刻できる「影彫り」を紹介

    営業の今野です。普段から彫刻について考えられている方は少ないと思います…

  2. 彫刻事例

    「彫刻」はお墓の主役です

    こんにちは。店長の佐藤です。また一つ想いのこもったお墓が完成しまし…

  3. 彫刻事例

    ご両親の再会!

    こんにちは。経理の吉津です。毎日暑い日が続いていますね(^^;)…

  4. 彫刻事例

    お墓の彫刻に施すペイントについて

    こんにちは。店長の佐藤です。お墓の石の色と言えば、宮城の皆さんは黒…

  5. 彫刻事例

    まだまだ震災の傷跡は残っています

    こんにちは。店長の佐藤です。今回は福島県の立ち入り制限区域から引っ…

  6. 彫刻事例

    花いっぱいのお墓をご紹介します~その②~

    こんにちは。店長の佐藤です。以前、「花いっぱいのお墓」をご紹介しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イベント

    「お墓セミナー&いずみ墓園見学会」開催
  2. 完成アルバム

    またひとつ素敵なお墓が完成しました
  3. 墓地情報

    仙台市営「いずみ墓園」の募集が始まります
  4. お知らせ

    天然石のすすめ
  5. 彫刻事例

    写真そのままに彫刻できる「影彫り」を紹介
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。